江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(江東区)―

松原 由和 院長/ハートリーフ歯科クリニック東大島(東大島駅・歯科)の院長紹介ページ

松原 由和 院長

YOSHIKAZU MATSUBARA

笑顔と喜びに溢れるクリニック。10年、20年先も患者様の人生を豊かにできるように。

明海大学歯学部卒業。銀座、横浜、新宿に医院を持つ医療法人に勤務。2017年より『ハートリーフ歯科クリニック 東大島』院長に就任(都営地下鉄新宿線「東大島駅」徒歩4分)。

松原 由和 院長

松原 由和 院長

ハートリーフ歯科クリニック東大島

江東区/大島/東大島駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

歯科医療を通じ、患者さんの人生をより豊かなものに

松原 由和 院長

大学を卒業後すぐ、父と兄が診療をしている歯科医院に勤務しました。2人の存在がなければ、この道に進むことはなかったでしょう。当初はそのことに思いを馳せることもなかったのですが、今思えば、この道に導いてくれた父と兄に大変感謝しています。
父と兄の元で経験を積むことは出来ましたが、体系的な知識をしっかり学ぶ必要を感じ、銀座、横浜、新宿などの関東エリアに医院を持つ医療法人にお世話になりました。そこでは1時間におひとりというペースで患者さんを診させていただき、妥協のない治療というものを身につけることが出来ました。そこで学んだことが間違いなく、今の私のベースとなっています。
2017年に『ハートリーフ歯科クリニック 東大島』は開院いたしました。当クリニックの理事長である齋藤育実先生は、私の大学の同期になります。彼の大きな夢を自分自身の夢とし、歯科医療を通じて患者さんの人生を豊かに出来るようお手伝いをさせていただきたいと思っています。

患者さんが希望する医療を実現するために

松原 由和 院長

元来、歯科医院はお口のことで困っている人のためにあるものです。ですから、私が信じる医療を提供するのではなく、困っている方の不安を取り除くためにアイデアを提供していくスタンスが大切だと思っています。
これまでは、医学的に正しいとされる医療を提供することが是とされてきました。たとえば、この歯は残せないから、抜くしかない、それ以外の選択肢はない、という風にです。しかし、患者さんがどうしても抜きたくないと仰るなら、どうすれば抜かずに保たせられるかを考えるのが、本来の私たちの役割だと思うのです。
理想は、10年、20年先も「ここで良かった」と思っていただけること。どんなに技術的に素晴らしい治療をしたとしても、それが患者さんの心を動かすものでなければ、そうは思ってもらえないでしょう。我々の知識と技術を持って、ご本人が望む状態をいかに長く保たせることができるか。細部にまで気を配っていくことで、ようやく患者さんに私たちの思いが届くと考えています。患者さんの選んだ選択肢を無為にしないために、私たちが存在するのです。

「笑顔と喜び」に溢れるクリニックを目指して

松原 由和 院長

当クリニックのモットーは、「笑顔と喜び」です。これは高名な講演家の方からいただいた言葉になります。それを実現するのは、私だけでは到底無理なことです。同等の立場でスタッフとともに切磋琢磨していくことで、初めて患者さんに「笑顔と喜び」を提供出来ると考えています。
バリアフリー&キッズルームを導入した院内のレイアウトについては、ほぼスタッフのアイデアを活かしました。みんなが意見をだし、参加してくれることでより良いものが出来ると思っています。実際、私が考えていたものに比べ、院内の雰囲気はどんどん良くなってきました(笑)。「笑顔と喜び」を基準とし、関わるすべての人にとってより良いクリニックになっていければと思っています。

集められるだけの情報を収集し、確信を持って治療にあたる

『ハートクリーフ歯科クリニック 東大島』では、歯科用CTとマイクロスコープを導入しています。そもそもCTがなければ、私はインプラントをおこなうことは出来ません。どの職業でも同じだと思うのですが、何かを始めようとする時は、しっかりとした情報が必要になります。まして私たちは人の身体を扱うわけですので、情報が不足した状態で誤りが起これば、取り返しのつかないことになってしまいます。CTはその情報収集のツールとして、必須のものと認識しています。
マイクロスコープについては、目隠しをして治療するのと、しっかり目で確認して治療するのとの違いに尽きるでしょう。またマイクロは治療の工程を録画することが出来ますので、患者さんにご覧いただいたり、その後のフィードバックに活かすことも可能になります。
CTもマイクロスコープも、それがあるからすごいというわけではありません。しかし、自分の能力をフルに発揮するには、それらのツールの有る無しが大きく関わってくるのです。曖昧な部分を持って治療に臨むのではなく、確信を持って治療にあたることが非常に重要だと考えています。

これから受診される患者さんへ

まずもって、スタッフに「このクリニックが一番」と誇りを持ってもらえるようにしていきたいですし、その先にあるのが、「笑顔と喜び」を提供していくことだと思っています。“きれいごと”と思われるかもしれませんが、理想のないものにより良い現実を形にしていくことはできません。私は“きれいごと”を言い続けていきたいと思っていますし、そのために何ができるかをみんなで考えていきたいと思っています。

※上記記事は2017年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

松原 由和 院長 MEMO

  • 出身地:埼玉県
  • 趣味:スノーボード
  • よく手にとる本:歯科関連書籍
  • 好きな映画:アダム・サンドラー主演作品
  • 好きな言葉:「笑顔と喜び」
  • 好きな音楽:基本的にオールジャンル。あえて言えば、EDM
  • 好きな場所:自宅

グラフで見る『松原 由和 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート