江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(江東区)―

原澤 良之 院長/原澤歯科(門前仲町駅・歯科)の院長紹介ページ

原澤 良之 院長

YOSHIYUKI HARASAWA

患者さんの負担を出来るだけ軽減し
「削らず、痛くない」治療を心掛ける

原澤 良之 院長

原澤 良之 院長

原澤歯科

江東区/牡丹/門前仲町駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科

父は歯科技工士、兄は歯科医師、そんな2人のすがたをみて

原澤 良之 院長

亡くなった父は歯科技工士をしておりました。7つ年の離れた兄は歯科医師でした。2人の姿を見ているうちに自然に私も歯科医師を志していたという感じです。なので他の職業について考えたこともありませんでした。
神奈川歯科大学を卒業して開業医さんのもとで修行を経たのち、1980年に地元であるこの地に『原澤医院』を開院致しました。長いものでもう30年が経過しようとしています。(2011年4月現在)

患者さんの負担を出来るだけ軽減し、「削らず、痛くない」治療を心掛ける

原澤 良之 院長

小さいお子さんは別として、学生さん以上になればその方の人格を尊重して診療をおこなうようにしています。一人一人お話をよく聞き、なるべく患者さんのご希望に添うカタチでの診療を心掛けています。医師と患者さん、双方の信頼の上に成り立った医療ということですね。

当院ではなるべく「削らず、痛くない」治療を心掛けています。虫歯治療における歯を削る量は最小限にとどめ、電動注射器の使用や術後の痛みを軽減するための“お灸”など、患者さんの負担を出来るだけ軽減するように努めています。

関節包内運動を治療する技術『AKA博田法』

原澤 良之 院長

歯は食べるためにあるのですが、歯を調整することによって肩こりや腰痛など全身の疾患を緩和することがあります。ということはその逆もまた然りです。
当院では『AKA博田法』と呼ばれると徒手療法をおこなっています。この『AKA博田法』とは関節包内運動を治療する技術で、整形外科の領域で最近とみに注目を集めている技術です。
きわめてソフトなアプローチが特徴なのですが、当院では全身にひずみが生じている場合、先にこの治療をおこなってから噛み合わせの調整を致します。これにより、歯の調整そのものは最小限で済ますことが可能になるのです。

病気をタマネギと考えてみてください。タマネギは皮が幾重にも重なっていますが、病気もこれと同じです。ひとつ症状、皮をとったとしても完全に治るわけではありません。噛み合わせや全身の関節の調整、金属や詰め物の種類。最近では電磁波の影響など、いくつかの皮を剥いてくことで痛みのない健康な体を取り戻すことが出来るのです。
どの皮が疾患に影響しているか。それを判断するために当院ではオーリングテストを用いています。

脳の潜在的な意識の自然な反応を判定に用いるオーリングテスト

オーリングテストは脳の潜在的な意識の自然な反応を判定に用いるものです。例えば被せものに使う金属がその方に合ってない場合、指の筋肉の反射として表れてきます。
私がオーリングテストに興味を抱き始めたのは2003年のことになります。ある本をきっかけに名古屋の歯医者さんがそうした試みをおこなっているのを知り、初心者講習の段階から通い始めたのです。1ヶ月に1回の割合でおよそ3年も通ったでしょうか。
修養に努めた結果、現在では詰め物や金属等がその人に合うかどうかといったことを事前に判定することが可能になりました。麻酔に過敏な反応をされる方に対して、その是非を判断する際にも役立っていますね。
しかしながら人間の体は順応する力が強いものです。ですから殆どの方の場合、どの種類の詰め物、どの金属の被せものを使用しても問題の出ないケースが大方になります。
ただし、これが疾患を既に抱えてらっしゃる方であれば話が違ってきます。免疫力の落ちている方は身体に合わないモノを使用することで症状を悪化させるケースが往々にしてあるのです。
現在はアレルギー等で悩まれている方も多い傾向にあり、そうした方にこそオーリングテストの必要性が高まってくると考えています。

これから受診される患者さんへ

虫歯の治療で詰め物をおこなう際、歯科のチェアーに寝たたまま調整をするのが一般的だと思います。ですが、あごの位置というのは寝た状態と立った状態で変化するものです。例えば寝ているとあごは弱冠後ろにズレるものです。起きた状態と寝ている状態。どの状態で噛んでも違和感がないことが肝心なことであり、知識として頭に入れておいていただくのも良いかもしれません。

東京メトロ東西線「門前仲町」から徒歩4分、歯科・小児歯科の原澤歯科では口腔内を原因とする全身の疾患の治療、カウンセリングもおこなっております。歯のみならず、様々な角度から全身の健康ケアのお役に立つべく努めておりますので、是非お気軽にご相談ください。

※上記記事は2011.5に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

原澤 良之 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:スカッシュ、落語
  • 好きな本・愛読書:オーリングテスト関連書籍
  • 好きな言葉・座右の銘:一生懸命
  • 好きな音楽・アーティスト:ザ・ビートルズ

グラフで見る『原澤 良之 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート