江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(江東区)―

畠山 卓弥 院長/亀戸畠山クリニック(亀戸駅・血管外科)の院長紹介ページ

畠山 卓弥 院長

TAKUYA HATAKEYAMA

苦痛のない内視鏡検査や透析シャントなど
高い専門性を備えて「健康長寿」をサポートする

東京大学医学部を卒業後、同大学の第一外科へ。消化器外科、血管外科を専門に、日立総合病院、三楽病院、清瀬会記念病院などで診療。外来診療から手術まで幅広く携わるなかで知識とスキルを高め、「亀戸駅」そばに開業。

畠山 卓弥 院長

畠山 卓弥 院長

亀戸畠山クリニック

江東区/亀戸/亀戸駅

  • ●血管外科
  • ●肛門科
  • ●内科
  • ●皮膚科

豊富な知識と経験をもって、地域医療に貢献する

畠山 卓弥 院長

私はもともと、心の動きや精神の仕組みのようなものに興味があって、医師を志すようになりました。でも、東京大学医学部に進んで医科の勉強をするなかで、外科に魅力を感じるようになったんですね。親類の中に外科のドクターがいたことも、多少影響しているかもしれません。大学卒業後は第一外科に入局し、その後も総合病院などで経験を重ねました。
私の専門は消化器外科、血管外科で、勤務医時代には外来での診療から手術まで、数多くの症例を担当してスキルを磨きました。また一方で、先輩のクリニックをお手伝いしていた時には在宅診療にも携わり、内科も含めて1人の患者さんを「トータルに診る」という経験も積みました。そして、医師になってからこれまでに培ってきた知識や経験を、地域の中で役立てていきたいという想いから、『亀戸畠山クリニック』を開設しました。

病気の早期発見・早期治療を実現する、苦痛のない内視鏡検査

畠山 卓弥 院長

『亀戸畠山クリニック』では、大きく分けて4つの柱を中心に診療をしています。1つめは、「苦痛のない内視鏡検査」で、ご希望の場合には、胃と大腸の同日検査も可能です。病気の早期発見・早期治療のため、出来るだけ多くの方に検査を受けていただきたいのですが、内視鏡検査に抵抗感をお持ちの方もたくさんいらっしゃるでしょう。でも、私はこれまで20年以上にわたって内視鏡検査に携わって来ており、苦痛のない内視鏡検査を実現するためにさまざまな工夫をし、スキルを磨いてきました。
患者さんに「2度と検査を受けたくない」と思われてしまうような苦痛を与えないように、トラウマをつくらないように。ごく僅かな量の鎮静剤を使用し、ウトウトしたような状態のなかで、患者さんへの負担なく検査をして行きます。勤務医時代には、「ジェントル(やさしく)にやるように」と指導されたものですけれど(笑)。実際に検査を受けられた患者さんから、「楽だったので、また来ます」と言っていただけると、本当に良かったなと思いますね。

豊富なノウハウと安全管理のもと、都内でも希少な「透析シャントセンター」を開設

畠山 卓弥 院長

診療の柱の2つめは、腎臓病患者さんに向けた「透析シャント」です。私たちの「腎臓」は、老廃物を処理する役割を担っていますが、この働きが悪くなると血液中に老廃物がたまって、むくみが出たり、息苦しさを感じるようになったり、やがて生命が危険にさらされることになります。そこで、人工的に血液をろ過させる「透析」を週に3日、1回に4時間ほどかけておこなうのですが、ほとんどの場合、「透析シャント」を腕に作成しなげればなりません。
健康な腎臓は、24時間365日、休みなく働いています。一方で、透析は週に3日、合計12時間ほどですから、どうしても腎臓の働きにはかないません。そこで、皮膚表面にある静脈と動脈をつなげて、少しでも効率よく血液を流し、ろ過していくわけです。「透析シャント」の治療と検査を専門におこなうクリニックは、東京都内でもまだまだ希少な存在ですが、私は血管外科医として早くから透析シャントに携わってきました。豊富なノウハウをもって、トラブルにも迅速に対応し、安全のもとに苦痛のない治療をご提供します。

血管をはじめとした全身の健康管理で、健康長寿をサポートする

3つめの柱は、「血管の検診」です。あまり耳慣れない言葉ですが、ご自分の血管の状態を知ることで、将来的なリスクに備えていただこうと言うものです。日本人の死亡率の上位には、ガン・心臓病・脳卒中(脳血管障害)などが並びますが、このうちの2つが血管のトラブルによるものなんですね。さすがに、クリニックレベルで心臓や脳の血管を検査するのは難しいですけれど、血管は全身を巡って心臓に戻る1本の管ですから、頸動脈や足など1つの部位をチェックしてみれば、血管の全体像を把握することができるわけです。脳や心臓の血管のトラブルが脳卒中や心筋梗塞を引き起こし、自由に体を動かせなくなります。健康長寿のポイントは「血管」ですから、定期的な検診を続けて、人生を楽しんでいただきたいですね。
そして、最後の柱は「プライマリケア」。地域の皆様が健康に不安を感じられたとき、何でもご相談いただけるような、医療のアドバイザー的な役割を担いたいと思います。私は外科の出身ですが、在宅医療に携わるなどして、風邪や胃腸症状など内科的な疾患についても幅広く診療してきました。各種健康診断や予防接種などを通して、地域の皆様の健康をしっかりとサポートしていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『亀戸畠山クリニック』は、JR「亀戸駅」北口から歩いて7分ほどの場所にあります。消化器外科で培った知識やスキルをもっておこなう「苦痛のない内視鏡検査」、血管外科を専門にしてきたからこそ提供できる「透析シャント」や「血管の検診」。こうした専門性の高い医療をご提供する一方で、地域の皆様の「かかりつけ医」として、健康の維持・増進のためのお手伝いをしたいと思います。体調に不安を感じることがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

畠山 卓弥 院長 MEMO

  • 出身地:宮城県
  • 趣味・特技:卓球、ゴルフ
  • 好きな本:松本清張作品
  • 好きな映画:海外ドラマ
  • 座右の銘:来るもの拒まず、一期一会
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:ジャズ、クラシック、アメリカンポップス
  • 好きな場所:南国

グラフで見る『畠山 卓弥 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート