江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(江東区)―

岩渕 敏久 院長/西大島駅と亀戸駅の間のいわぶち内科と泌尿器科のクリニック(西大島駅・泌尿器科)の院長紹介ページ

岩渕 敏久 院長

TOSHIHISA IWABUCHI

精密な診査・診断から手術後のアフターフォローまで
地域の中の身近な場所で、専門性の高い診療をおこなう

京都府立医科大学を卒業後、消化器外科・泌尿器科を専門に大学病院や関連病院で経験を重ねる。聖路加国際病院、東京腎泌尿器センター大和病院を経て、「西大島駅」と「亀戸駅」近くに開業。日本泌尿科学会専門医。

岩渕 敏久 院長

岩渕 敏久 院長

西大島駅と亀戸駅の間のいわぶち内科と泌尿器科のクリニック

江東区/大島/西大島駅

  • ●泌尿器科
  • ●内科

手術への憧れから医師になり、外科医として多くの手術経験を積み泌尿器科に転向

岩渕 敏久 院長

私が医師になったのは、「手術に憧れて」ということになるのかもしれません(笑)。両親をはじめ、自分のまわりに医療関係者がいたわけではありませんけれど、テレビドラマなどで目にする外科医の姿にあこがれを抱き、医師を志すようになったという感じです。
聖路加病院時代は外科専門医として、腹部の救急疾患の手術や、消化器がんの多くの手術に携わりました。聖路加病院時代に外科のチーフという責任ある立場を任された1年間は、私の勤務医人生のなかで最も充実し、貴重な時間になっているように思います。医師になって、10年ほどになる頃だったでしょうか。外科医としてキャリアを重ねるなかでだんだんと、骨盤の中にある臓器である泌尿器の手術へと興味が移り、泌尿器科への転向を決断しました。ちょうどその頃、前立腺がんの手術に手術支援ロボットである「ダビンチ」が聖路加病院にもいちはやく導入され、私も初期から携わり、外科時代の経験を活かし、多くの泌尿器科手術の経験を積みました。
その後、さらに専門性を高めるべく、泌尿器科の専門病院である「東京腎泌尿器センター大和病院」に勤務、引き続き「ダビンチ」を用いた前立腺がんの手術や、膀胱がんの手術、尿路結石のレーザー手術、前立腺肥大症のレーザー手術などを、連日、多くの仲間達と協力し経験を重ねてきました。

小さなお子さんからご高齢の患者さんまで、気軽に受診できるクリニックをめざす

岩渕 敏久 院長

『西大島駅と亀戸駅の間のいわぶち内科と泌尿器科のクリニック』と、少々長い名前ではありますけれど(笑)、実際にクリニックは「西大島駅」と「亀戸駅」のちょうど中間あたり、明治通り沿いにたつビルの2階にあり、私が専門とする泌尿器科を中心に診療しています。2017年の開設まで、この辺りには泌尿器科のクリニックがなかったようで、開業するにあたっては地域の皆様にとても喜んでいただきました。小さなお子さんからご高齢の方まで、幅広い年齢層の患者さんを診療できるのは泌尿器科ならではのことですが、一方でデリケートな部分のお悩みだけに、受診をためらってしまう方もいらっしゃるでしょう。
地域の皆様がお困りのとき、いつでも気軽にご来院いただきたい。そう考えて、院内は木のぬくもりが感じられるリラックスした雰囲気に。所々にグリーンを配するなどして、ホッとやすらげる空間づくりを心がけました。最新の電子カルテを導入するなどして、なるべく患者さんをお待たせしないように。また、高品位な医療機器を備えて、地域の中の身近な場所で、クオリティの高い診療をおこないたいと思っています。

泌尿器科に特化した検査・治療機器を導入し、専門性の高い診療をおこなう

岩渕 敏久 院長

泌尿器科のクリニックとしてより専門性を高めるため、医療機器の導入には力をいれています。当院の特徴の一つとして日本国内にまだ数十台という膀胱磁気刺激装置を導入しています。尿もれや頻尿を、膀胱や骨盤内の筋肉を磁気で刺激することで治療することができます。服を脱がずに、20〜30分ほど椅子に座ったままの治療を受けることができます。繰り返し受診して頂く必要がありますが、内服薬だけではなかなか治らない尿もれや頻尿の方も、あきらめずに受診して下さい。
そのほか、排尿の量や勢いなどを測定する検査機器、膀胱内視鏡などを備えておりますので、尿の症状でお困りの方や、健康診断で「再検査」となった方、泌尿器のがんが心配の方などもお気軽にご相談いただきたいと思います。病気の原因について、検査の内容について、治療内容について、目で見て分かりやすいご説明を心がけながら、患者さんお1人お1人に寄り添った治療計画をご提案いたします。

精密な診査・診断から手術、手術後のフォローまで、1人1人の患者さんに寄り添う

このクリニックで対応できる症状についてはできるだけクリニック内で治療にあたりますが、もしも手術や高度な検査が必要な場合には、しかるべき医療機関をご紹介することもあるでしょう。幸い私はクリニックがお休みの水曜日に連携病院で外来診療および手術を担当していて、私自らが執刀医となって手術をおこなえる体制も整えており、診断から治療、手術、そして術後のフォローまでを一貫して行うことができます。もちろん大きな病院で手術をされた方の、術後のフォローや排尿の管理などもおまかせ下さい。これまでの経験と知識を活かし、責任を持ってフォローさせていただきます。身近な場所にあるクリニックだからこその安心の医療をご提供していきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

『西大島駅と亀戸駅の間のいわぶち内科と泌尿器科のクリニック』は名前のとおり、都営新宿線「西大島駅」とJR「亀戸駅」の間、明治通り沿いにたつビルの2階で診療しています。泌尿器科の病気は恥ずかしさもあって受診をためらう方も多いのですが、私は泌尿器科の専門医として精密な診査・診断のもと、さまざまな方法で症状の改善をめざします。
また、けがの処置、発熱や腹痛、風邪症状などのプライマケアケアについてもお気軽にご相談下さい。これまで重ねてきたキャリアを活かし、当院においても泌尿器疾患を中心に、総合的な診療をしていきたいと考えています。

岩渕 敏久 院長 MEMO

泌尿器科専門医

  • 出身地:栃木県
  • 趣味・特技:ゴルフ
  • 好きなドラマ:「GOOD LUCK!!」
  • 好きな言葉・座右の銘:靴を磨きなさい、そして自分を磨きなさい。(オルガ・ベルルッティ)
  • 好きな音楽・アーティスト:perfume
  • 好きな場所・観光地:空港

グラフで見る『岩渕 敏久 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

2人が薦める『西大島駅と亀戸駅の間のいわぶち内科と泌尿器科のクリニック』の声

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声