江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(江東区)―

荒木 正 院長/亀戸内科クリニック(亀戸駅・内科)の院長紹介ページ

荒木 正 院長

TADASHI ARAKI

心臓病や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の早期発見・治療を専門に全力で取り組む。

大学卒業後、循環器内科を専門とし大学関連病院などで研鑽を積む。2016年、亀戸駅そばに開業。

荒木 正 院長

荒木 正 院長

亀戸内科クリニック

江東区/亀戸/亀戸駅

  • ●内科

患者様に寄り添った医療を実現すべく開業を決意。

荒木 正 院長

両親が薬剤師で親戚も医師や歯科医師と『医療一家』に生まれた私にとって、幼い頃から医療はとても身近な存在でした。小学校の卒業アルバムに『将来なりたい職業は医者』と書いて以来、一度も揺らぐことなく医師を目指して勉強を続けてきました。医学部を卒業して研修医として様々な治療を学んでいた私は、心肺停止状態の患者さんがカテーテル手術によって一命をとりとめ、元気に退院していく姿を目の当たりにしました。そこから循環器内科を専門とすることを決めたのです。その後は心臓カテーテル手術を中心に昼夜問わず治療を行い研鑽を積んでいたのですが、やはり手術だけでなく、もっと患者さんに寄り添った地域医療に貢献したいと思うようになり、開業に至りました。

なんでも相談できる『地域のかかりつけ医』を目指す。

荒木 正 院長

当院は私が学生時代より慣れ親しんだ、亀戸駅より徒歩2分に位置します。清潔な院内はベビーカーや車椅子、杖をお持ちの方に配慮した、完全バリアフリーになっています。
メインの科目である循環器内科は、狭心症・心筋梗塞・不整脈を治療する私の専門分野で、今まで培った経験と知識を活かしたハイレベルな治療が可能です。それだけでなく内科・糖尿病内科を標榜しており、風邪や軽いケガなどどんなことでも気軽に相談できる『地域のかかりつけ医』を目指しています。

循環器内科では様々な検査に対応可能。

荒木 正 院長

日常生活で不整脈が起きているかを調べる、ホルター心電図検査を行っています。通常この検査は、ホルター心電図装置の装着→脱着→検査結果の通知という三回の来院が必要なのですが、当院では私自身で検査結果を解析して脱着に来られた、二回目の来院時に結果をお伝えできます。結果を待つ間の不安や、来院の負担を少しでも和らげることができるのではないでしょうか。その他にも、胸部エックス線・心エコー・頸動脈エコー・心筋マーカーの採血など様々な検査ができるように最新の設備を揃えております。さらに精密な検査が必要な場合は、近隣の提携病院をご紹介しています。

日常生活に寄り添った診療を心がける。

一人ひとりに合った診療計画を立て、心を込めた治療をすることが一番大事だと思っています。
丁寧な説明や笑顔でお話しすることはもちろん、背景にある環境や抱えている不安の原因を理解した親身な診療を心がけています。そして患者さんのみならず、そのご家族の日常に寄り添った診療ができるようにこれからも努力を続ける所存です。

これから受診される患者さんへ。

当院のハートをイメージしたロゴは、人と人との繋がりや地域コミュニティの輪を表しており、
私も地域を担うメンバーの一員となり人々の生活を支えていきたいという想いが込められています。これからも心臓病や糖尿病の早期発見・治療に尽力して参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。生活習慣病の予防として禁煙外来や睡眠時無呼吸症候群にも対応していますので、是非一度ご来院ください。

※上記記事は2016.3に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

荒木 正 院長 MEMO

  • 出身地:千葉県
  • 趣味:娘たちと遊ぶこと
  • 好きな本:ビジネス書
  • 好きな言葉・座右の銘:志高く
  • 好きなアーティスト:My Little Lover、 岡本真夜
  • 好きな観光地:箱根

グラフで見る『荒木 正 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート