江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(江東区)―

佐上 俊和 院長/さがみ外科胃腸科クリニック(東大島駅・胃腸内科)の院長紹介ページ

佐上 俊和 院長

TOSHIKAZU SAGAMI

身近なかかりつけ医として、なんでもお気軽に相談できる「明るくやさしい診療所」を目指す。

大学卒業後、東京女子医大の消化器病センターで研鑽を積み、東京女子医大、城東社会保険病院を経て、東大島駅近くに開業。

佐上 俊和 院長

佐上 俊和 院長

さがみ外科胃腸科クリニック

江東区/大島/東大島駅

  • ●胃腸内科
  • ●消化器内科
  • ●内科
  • ●外科
  • ●肛門科

ガンに侵された父の肝臓が、受験生の自分を必死にさせた。

佐上 俊和 院長

ロッカーがいっぱい並んだ狭くて暗い廊下を連れられていってね、見せられちゃったの。「これが君のお父さんの肝臓だよ」って。泣きじゃくってました、気がついたら。

親父さんが医者だったので、漠然と自分もそうなるのかなっていうのはあったんですけど、余り勉強してなかったので、医学部を受けたはいいが当然の如く落ちちゃって。予備校生をやってたんですね。親父さんが胃がんだってわかったのはそういう時。手術したんですけど、もう肝臓の転移もすごくて手遅れで。
医者になれと言ったことはなかったですね、僕には。一言も言わなかった。でも入院中に見舞うと、自分のお腹に出来た斑点を見せて、これを調べてみろって言うんです。ウチの本棚にあるから見てみろって、親父さんが。そしたら書いてあるわけです、これが末期の症状だってことが。動揺、しますよね。実感はまだないにしても。

親父さんが危篤状態に陥って病院に呼ばれました。息を引き取ったとき、主治医の先生が「君がもし医者になりたいんだったら、ついてきなさい」って。その時に研究室で見せられたのが親父さんの肝臓、です。衝撃というか、自分はまだ何者でもない。どうすんだって。とにかくあせりというか…、机に向かうようになりました。一生のうちであんなに勉強したことないっていうぐらい勉強しましたね。必死だったんですね、何かわからないものに追い立てられて。

親父さんは内科だったんですけど、自分は消化器、消化器外科になろうと。病気との勝負を早くつけられるっていうのがあったんでしょうね。
大学を出て、東京女子医大の消化器病センターに入りました。どうせやるなら一番症例の多い、一番トレーニングの出来る環境でと思ったからです。

消化器科のプロフェッショナルを目指した修業時代。

佐上 俊和 院長

6年間のトレーニングコースというのがあるんです。そこのセンターには全国から消化器科のプロフェッショナルになりたいっていう人ばかり集まってきてましたから、まあ厳しかったです。課題に追われ、外科医としてのトレーニングもあるしで、毎日が修行でしたね。

ただ実際、何が1番厳しかったかというとね、仕事がだいたい夜中に終わって、それから先輩にね、飲みにいこうって誘われるんですよ。嫌ですとは絶対に言えないですから、朝まで飲んでるわけです。おかげで寝る時間がなくて、本当に。昼間は座るとあっという間に眠っちゃうからずーっと立ってるわけです(笑)。アパートに帰る時間もなくて。一年生の時は2日くらいだったかな、帰ったの(笑)。

6年間のコースを無事に終了すると今度は外に出ます。東京女子医大に籍を置いて、研究も続けながら関係のある病院にいろいろとですね。僕の場合、最終的に城東社会保険病院に落ち着きました。そこで14年間お世話になった感じですね。
経験を重ねていき中堅という立場になると、診察以外にいろいろとやらなければならない用事がでてくるんです。本当はね、患者さんとゆっくり話がしたいんですよ、いろいろな話を聞きたいんです。でもどうしてもその時間が足りなくなってくる。ジレンマですよね。それで自分で診療所をやることを考え始めたんです。自分でやれば患者さんとゆっくり話が出来るだろうと。それがこの診療所を開院したきっかけですね。

「患者さんの話を聞く」、これが常に心掛けていること。

佐上 俊和 院長

東京女子医大に入って一番最初に言われたのが、一日6回、回診をしなさいってことでした。いつもいつも顔をだしていれば、患者さんからいろんな話をしてもらえるからと。本当にその通りで。患者さんから教わることも多いし、いつも見てるからちょっとした変化に気づくし。
最初に教わった、患者さんの話を聞くっていうことをね、いまも変わらず基本にしています。

忙しい時は1時間も2時間も患者さんに待ってもらうこともあるんです。僕とお話をするのに皆さん、待っててくれるんでね、申し訳ないとは思ってるんですけど。
常に自問しつつ実践していかなければと思っています。自分は何の為に開業したのかってことをね。

内視鏡検査が苦しかったのは昔の話。

胃内視鏡検査(胃カメラ)は苦しくて大変だっていうイメージがあります。確かに一昔前までは堅くて太くてやる方も大変だったんですが、現在ではスコープが従来の太さの半分程度の細くて柔らかいものになっていますので、胃カメラは苦しいというイメージは徐々に薄れてきていると思います。

以前に胃カメラを受けて大変な思いをされたという方はどうしても苦手というか先入観があるんですよね。やる前から緊張してしまってるので、ノドが閉まってしまって。そういった方、お口からはどうしてもダメという方には鼻から入れる内視鏡をお勧めしています。嘔吐感がありませんので、「口から入れるより全然、楽でした」と仰る患者さんも多いんですよ。

これから受診される患者さんへ。

専門医としての話は当然出来なきゃいけないんですけど、専門外のことでもこれはちょっとマズイ、というのがわからないとダメですね。一番身近なお医者さんとして、開業医として最も重要なことです、重大な病気を見逃すようなことがあってはならないっていうのは。

一般の方の医療に関する知識が豊富になってきていて、例えばこの症状はこの病気っていう決めつけというか、イメージが先行している感じを受けています。実際はそんな杓子定規なものではなくて、思っていたのとは全然違う病気だったりするわけです。
身近な「かかりつけ医」としてどんな些細なことでもお話して頂けるような「明るくやさしい診療所」を目指しています。
気になることがあれば、江東区大島の都営地下鉄新宿線「東大島」駅大島口徒歩3分の距離にある外科、胃腸科、内科、肛門科のさがみ外科胃腸科クリニックに、何でも気軽にこちらに来てお話してくださればと思っています。

※上記記事は2010.7に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐上 俊和 院長 MEMO

外科専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:福岡県
  • 趣味・特技:カメラ、旅行、鉄道関係、クルマ、…etc.、それと少林寺拳法です
  • 好きな本・愛読書:「羊の歌」(加藤 周一)、歴史物・今は「秀吉の枷」(加藤 廣)
  • 好きな映画:森繁久彌、フランキー堺、渥美清らが出演した東映、東宝の喜劇映画/「レイルウェイズ」、「孤高のメス」
  • 好きな言葉・座右の銘:豪放磊落
  • 好きなアーティスト:ビートルズ(自称ビーキチ)
  • 好きな場所:お城、古い町並み

グラフで見る『佐上 俊和 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート