江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(江東区)―

石森 斉子 院長/モフ動物病院(南砂町駅・猫)の院長紹介ページ

石森 斉子 院長

ISHIMORI

病気にならない体づくりを中心に
動物と飼い主さんの幸せな時間をサポート

日本獣医生命科学大学を卒業後、首都圏各地の動物病院で経験を重ねる。専門学校の講師を経て、「南砂町駅」そばに開業。

石森 斉子 院長

石森 斉子 院長

モフ動物病院

江東区/南砂/南砂町駅

  • ●猫
  • ●犬

動物たちと飼い主さんの幸せな時間をサポートしていく

石森 斉子 院長

小さな頃からたくさんの動物に囲まれて育ち、自然と「動物たちにかかわる仕事をしたい」と思うようになりました。ちょうど私が中学生のときに『動物のお医者さん』というマンガが流行ったこともあって、高校卒業後は日本獣医生命科学大学に進学し、動物行動学を中心に幅広く勉強しました。獣医師になってからは、都内をはじめ神奈川県や千葉県にある動物病院で診療していたのですが、私の中にはずっと「子犬の段階からきちんと犬を育てたい」という気持ちがあったんですね。そのため、診療の比重を抑える一方で専門学校での講師業をはじめて、愛犬・モフモフを迎えることにしたんです。
この病院の名前にもなっているモフモフとは、インターネットの里親募集サイトで出会い、生後3ヶ月から一緒に暮らし、今年で10歳になります。動物行動学を学んだことを振り返りながらモフモフを育て、しつけ教室にも参加するなど、本当にたくさん時間を一緒に過ごしてきました。獣医師であり1人の飼い主として経験してきたことをいかして、動物たちと飼い主さんの幸せな時間をサポートすることができたら…。そんな気持ちから、2015年に『モフ動物病院』を開設しました。

犬と猫、飼い主さんに優しい病院をめざして

石森 斉子 院長

勤務医をしていた当時は、外科的な手術を担当したこともありましたけれど、私がこの病院でご提供したいのは、最先端の医療というより、動物たちと飼い主さんに寄り添う医療です。『モフ動物病院』と、病院名に愛犬の名前をもらったからこそ、ここにやって来る犬や猫たちに優しい病院をめざしたいと思っています。実は、「犬と猫に優しい」というコンセプトは病院づくりの段階から始まっていて、車が通る道路側ではなく公園側に入り口を設けたり、階段があったエントランスをスロープにするなど、さまざまな工夫をしました。
院内については、デリケートな性格の子にもストレスがないように、飼い主さんにもリラックスしてお過ごしいただけるようにと心を配りました。実際に、私もモフモフを連れて出かけるとき、窮屈な場所にさらに他の子も居るとなると、何だか落ち着かない感じがしたんですね。そのため、待合室と診察室は広々としたスペースを確保して、動物や飼い主さんとゆっくり向き合えるようにしたいと思ったんです。診察室の中にもソファがあるのは、動物病院としては珍しいかもしれませんね(笑)。

西洋医学に東洋医学をプラスして、その子にとって一番よい治療を

石森 斉子 院長

当院では犬と猫を診療していますが、ここで働くスタッフたちもみんな、犬も猫も大好き(笑)。彼らにストレスをかけないように、嫌な思いをさせないようにということは、全員が共有していることです。受診する動物たちの症状としては、下痢や嘔吐などのほか、皮膚トラブルをご相談いただくことが多いでしょうか。診療の際には、動物たちのストレスにならないよう、その子の性格に合わせながら治療を進めるようにしています。
私は鍼灸をはじめとした東洋医学についても学んできており、西洋医学の枠を超えて、さまざまな治療法をご提案することができます。たとえば、つらい痛みに対する緩和的なケアなど、西洋医学ではサポートし切れない部分についても鍼灸治療を施すことができますから、治療の選択肢が広がるというイメージでしょうか。どんな治療が考えられるのか、飼い主さんにわかりやすくご説明をして、その子にとって一番よい治療法をご一緒に考えていきたいと思います。

動物たちとの生活が、より幸せなものになるように

私がモフモフを大切に思っているように、飼い主さんはみなさん、動物たちを家族のように大事にして、「最期まで一緒に過ごしたい」と考えていらっしゃるのではないでしょうか。私は、飼い主さんと動物たちの暮らしがより幸せなものになるように診療をしているわけですが、できるなら彼らを治療するよりも、病気にならない体づくりをお手伝いしたいと考えています。
治療に関しては学会・勉強会に積極的に参加し、常に勉強するように心がけていますが、「予防」にこそ力を入れたいと思っています。たとえば、動物たちの健康管理には、普段からの体重管理がとても有効なんですね。猫などは肥満気味の子が多いですけれど、太っていると足腰に負担がかかるだけでなく、いろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。そのため、肥満気味の子の飼い主さんには、食事面に気をつけていただくようにアドバイスしたり、痩せすぎの子には、食べる量を増やすようにご指導することも多いです。こうした食事指導や犬のしつけなど、獣医師として、また1人の飼い主という立場からも、積極的に情報発信していきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『モフ動物病院』は、「南砂町駅」2a出口から歩いて4分ほどの場所にあります。動物を家族として迎えたなら、その子を最期まで飼ってあげてください。病気のこと、しつけのこと、治療にかかる費用についても気軽にご質問いただきたいですし、もしも「もう飼えない」というときも、どうぞご相談ください。私がモフモフと出会ったように里親を探すお手伝いもできますし、きっとお役に立てることがあるはずです。こんなことを相談していいかしら? と遠慮なさらずに、ぜひ足を運んでみていただきたいと思います。

※上記記事は2018年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

石森 斉子 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:読書(漫画)
  • 好きな本:スラムダンク
  • 好きなアーティスト:ミスターチルドレン
  • 好きな映画:風の谷のナウシカ
  • 好きな言葉:あきらめたらそこで試合終了
  • 好きな場所:すいらんグリーンパーク (千葉県にあるドッグラン)

グラフで見る『石森 斉子 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート