江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(江東区)―

松本 宗能 院長/ACプラザ苅谷動物病院 三ツ目通り病院(菊川駅・犬)の院長紹介ページ

松本 宗能 院長

MUNETAKA MATSUMOTO

地元で古くから親しまれている動物病院。充実の体制で動物の健康をサポート

酪農学園大学卒業。2004年に副院長に、2010年4月から『ACプラザ苅谷動物病院 三ツ目通り病院 』院長に就任( 都営新宿線「菊川駅より徒歩4分)。

松本 宗能 院長

松本 宗能 院長

ACプラザ苅谷動物病院 三ツ目通り病院

江東区/森下/菊川駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●ウサギ
  • ●鳥
  • ●その他

今も変わらぬ、根本にある思いがこの道を志す動機に

松本 宗能 院長

根本にあるのは、「動物が好き」ということだと思います。たくさんの動物を飼ってきましたが、中でも小学生の後半には犬に大変興味を持ちました。当時は機会を見つけてはドッグショーなどにも通っていたものです。彼らの存在を通して動物への興味や愛情がますます高まりました。また実際に犬を飼い、別れ、それらの経験を通して、今の仕事を志したということになりますね。
私は大学を卒業後、すぐに『ACプラザ苅谷動物病院 三ツ目通り病院』に籍を置き、2010年より院長を務めています。大学を卒業する段階では様々な選択肢もありましたが、獣医師を志した目的が臨床医になり「動物を診る」ということでしたから、迷いなくこの道を歩みだし、現在にいたっています。

出来る限りこの病院で医療を完結させていくことを目指して

松本 宗能 院長

1974年に開院した『ACプラザ苅谷動物病院』は、現在、関東近郊に5つの病院を構える組織となりました。このうち、3病院では年中無休、24時間体制で診療をおこなっています。どうしても夜に具合が悪くなる動物たちは多いですし、飼い主さんが病院に連れてこれるご都合もございます。また、お預かりしている重篤な子達を常に診ていくには獣医師が必要で、24時間、動物の健康を守れる体制をとり、診療にあたっております。
2010年にリニューアルを施しました『三ツ目通り病院』は、整形外科診療、外科診療に力を入れていると同時に、眼科の専門診療を可能にする検査機器をはじめ、様々な内科・外科的処置に必要な最先端の機器を導入しています。病院3階には、トリミングルームやリハビリテーションに必要な各種機器も取り揃えてあります。近年になって椎間板ヘルニア等の神経外科的疾患が増えるにつれ、手術だけでではなく理学療法も取り入れています。手術を終えたあとの機能回復を目的としたリハビリテーションは非常に重要です。
当院では出来る限りのことを1つの施設で完結出来るよう、今後も施設の設備充実に取り組んでまいります。

複数の専門医が診ることの大きなメリット

松本 宗能 院長

私は整形外科を始めとする外科診療を主に担当させていただいています。三ツ目通り病院だけではなく、時に他院へと出向き、執刀を担当しています。当院では外科のみならず、皮膚科・眼科・腫瘍・循環器・神経など、幅広い分野のエキスパートがそろっていることが大きな特徴になっています。
専門の異なるエキスパートが複数存在することはとても重要です。たとえば、同じ疾患を診るにしても、専門が変われば視点も変わることになり、そこにディスカッションが生まれることで、総合的により有効な治療方法を見出せることもあります。基本的には担当の獣医師が責任を持って診療にあたっておりますが、そこに複数の異なる目が加わりサポートしていけるのが、当院の大きな特色だと思っています。

飼い主さんの信頼があってこその獣医療

獣医療では飼い主さんがイメージするものと我々が想定することにギャップが生じるのは珍しいことではありません。だからこそ、その差を埋めるべくわかりやすく丁寧に説明をし、理解して頂くことが大切になります。
治療の選択に関しましても、飼い主さんが何を望まれているかということに心を配るべきでしょう。たとえば、重篤な病気を抱えた終末期のペットをどのように迎えさせてあげるべきか。お家で看取ったあげたいという方もいらっしゃれば、辛くてこれ以上は見ていられないという方もいらっしゃいます。そのご希望を充分なコミュニケーションをはかることによって汲み取り、治療に反映させていくことが大切なのです。

先にもお話ししましたように、私は普段、外科を中心に診療をさせていただいています。手術をしなければ治らない病気もあり、治療して本当によかったなと成功によって得られる達成や充実感があることは確かです。しかしその気持ちは、飼い主さんからいただく「ありがとう」の感謝の言葉と動物の元気な姿を越えるものではありません。「この病院で見てもらって良かった」 とすべての飼い主さんにそう思っていただけることが、私たちの原動力であり究極の目標です。

これから受診される飼い主さんへ

10数年という人間に比べれば限られた時間を、いかに健康に充実して過ごしてもらうかということに当院は重点を置いています。それを可能にするのが定期的な健康診断であり、当院では「ベッツケアプラン」をご案内しています。1年、あるいは半年に1回ごとに検査を受けていれば、正常な範囲に収まっている数値であっても、年々変化(悪化)していることに気付くことがあります。その結果を個別の検査プログラムとしたのが「ベッツケアプラン」であり、飼い主さんと共に、その子にとってベストな健康な道をプランニングしていきます。

開院から四十数年。皆様にご愛顧いただき、地域の中核動物病院として認知されるまでになりました。今後も地域の人の助けとなる病院であり続けられるようさらなるベースアップをはかっていきたいと思っていますし、「ここに来れば大丈夫」と皆様に思っていただける病院を目指していきます。

※上記記事は2018年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

松本 宗能 院長 MEMO

  • 出身地:千葉県
  • 趣味・特技:散歩
  • 好きな映画:ジョーズ
  • 座右の銘・好きな言葉:一歩前へ
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:The Beatles
  • 好きな場所・好きな観光地:海

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート