江東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(江東区)―

白井 活光 常務取締役 総院長/ACプラザ苅谷動物病院 明治通り病院(西大島駅・犬)の院長紹介ページ

白井 活光 常務取締役 総院長

KATSUAKI SHIRAI

「絆」を大切した医療を実践し、
24時間体制で動物たちの健康をサポートする

大学院を修了後、ACプラザ苅谷動物病院の一員に。勤務医を経て、副院長や院長を歴任。現在はACプラザ苅谷動物病院の総院長として、日々の診療にあたる。

白井 活光 常務取締役 総院長

白井 活光 常務取締役 総院長

ACプラザ苅谷動物病院 明治通り病院

江東区/北砂/西大島駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●ウサギ
  • ●その他
  • ●鳥

動物が好きで獣医師になり、地域に根差して診療を続ける

白井 活光 常務取締役 総院長

私は、もともと動物が大好きで、子供の頃からセキセイインコ、リス、犬や猫などと暮らしてきました。たしかに動物は、私たち人間と話をすることはできませんけれど、自分ならば彼らの気持ちを「わかってあげられるかな」と(笑)。そんな風に考えたことがきっかけになり、中学を卒業する頃にはすでに、「獣医師になる」と心に決めていた気がします。
日本大学の生物資源科学部獣医学科に学び、卒業後は大学院に進んで免疫学を研究していました。博士号を取得後、ご縁があったのが『ACプラザ苅谷動物病院』で、当初は「三ッ目通り病院」で診療をはじめました。その後、副院長から院長になり、「葛西橋通り病院」で診療していた時期もあったりと、この地域の動物医療に携わって、もう20年近くなるでしょうか。現在は、ACプラザ苅谷動物病院の総院長という立場で、人と動物にやさしい医療を実践する一方、後進のドクターたちに向けた教育なども担当しています。

各分野のスペシャリストが集結し、24時間体制で安心の医療を提供

白井 活光 常務取締役 総院長

『ACプラザ苅谷動物病院』は、東京都の東エリアと千葉県の市川市に合計5つの動物病院を展開しています。中でもここ江東区は、下町らしさを残しながら、新しいものも上手に取り入れている感じで、雰囲気の良い街ですよね。実際に、当院にお越しになる飼い主さんも、昔からずっとお住いの方、新しく建ったマンションにお住いの方など、江東区を中心に、お隣の江戸川区などからも足を運んでくださっています。
たくさんの動物の健康を守り、飼い主さんのあらゆるニーズに対応するため、当院では休診日を設けず24時間体制で診療しています。また、動物たちのデリケートな性質に配慮して、入口や待合スペースを犬と猫で分けているほか、最近人気のハリネズミやハムスター、フェレットなどの小動物にも対応しています。私をはじめ複数名のドクターや看護師が在籍して、質の高い医療をご提供しておりますので、大切な家族の一員に気になる症状がみられたときには、お早目にご相談いただければと思います。

治療と予防の両面から、動物たちの健康をサポート

白井 活光 常務取締役 総院長

夜間救急にも対応する24時間診療は、複数名のスタッフの連携によって成り立つものですが、1人1人のスタッフが高いスキルを備えているということも、『ACプラザ苅谷動物病院』ならではの特長と言えるでしょう。当院では、心臓疾患や神経疾患、画像診断や外科的な処置など、それぞれに高い専門性をもったドクターが在籍して、質の高い診断・治療をおこなっています。また、動物看護師たちも高い意識をもって診療にあたっており、「犬のしつけ」「栄養指導」「臨床検査」など伴侶動物医療の様々な分野に携わっております。外来診療はもちろん、入院、手術など、それぞれの業務に専念できる環境があるからこそ、医療のレベルアップにつながっているのだと思います。
もちろん、治療によって病気を治すことは大事ですが、病気にならない体づくりや、病気の早期発見も大切なことです。そのため当院では、月に1回無料で健康診断を受けていただけるシステムを会員制で導入しています。とくに高齢のペットでは、定期的な健診が健康維持につながりますし、飼い主さんと毎月お話することで、その時々にあわせたアドバイスをさし上げることもできるわけですね。また、当院では季節ごとのキャンペーンなどもおこなっていますので、ぜひご活用いただければと思います。

「絆」を大切に、動物たちと飼い主さんに寄り添っていく

診療室では、動物たちをみて、触ってという診察をするのはもちろん、飼い主さんともたくさんお話をしたいと思います。飼い主さんはお1人ずつ、異なる「価値観」をお持ちですから、動物たちへの想いや、どのような治療を希望なさっているかということを、丁寧にヒアリングする必要があるわけですね。また、伴侶動物との日々の暮らしをお聞きすることによって、治療のヒントが見つかることもあるんですよ。
飼い主さんとの会話の中には、貴重な情報がたくさんあって、これまでの20年で私の中に蓄積されたデータは、何にも代えがたい財産と言えるかもしれません(笑)。教科書では学べないことを身につけてきたからこそ、それぞれの飼い主さんに寄り添ったアドバイスや、治療のご提案ができるのだと思いますし、診療の際には、動物たちの「痛い」「つらい」を取り去ること以上に、飼い主さんと動物たち、そして私たち医療人との「絆」を大切にしていきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

『ACプラザ苅谷動物病院 明治通り病院』は、都営新宿線「西大島駅」から歩いて10分ほどの場所にあります。当院では、24時間体制で質の高い医療をご提供していますが、今後はさらにきめ細やかなニーズにお応えできたらと思います。動物の赤ちゃんを診る小児科であったり、それぞれの犬種に特化した診療科であったり。私たちもさらにスキルアップを図りながら、より充実した医療をご提供していきたいと思います。

※上記記事は2017年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

白井 活光 常務取締役 総院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味&特技:旅行とスポーツ
  • 好きな本:ニーチェの言葉
  • 好きな映画:ニュー・シネマ・パラダイス 、ローマの休日、スターウォーズなど
  • 好きな場所:夕方の皇居・最高裁判所から見た銀座・東京方面。(学生の頃よく走っていた場所で、緑があってビルがあるので)
  • 好きな言葉 座右の銘:感謝

グラフで見る『白井 活光 常務取締役 総院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート