東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(江東区)―

城田 和彦 副院長/城田小児科医院(門前仲町駅・小児科)の院長紹介ページ

城田 和彦 副院長

KAZUHIKO SHIROTA

将来を担う子供たちのために
診療から子育て相談まで幅広く対応

大学医学部を卒業後、付属病院の小児科に入局。研修医として色々な病院で臨床経験を積み、1997年から2年間カナダに留学。帰国後、大学病院で勤務し研鑽を積んだ後に退職、 門前仲町駅より徒歩3分の『城田小児科医院』の副院長に就任。

城田 和彦 副院長

城田 和彦 副院長

城田小児科医院

江東区/門前仲町/門前仲町駅

  • ●小児科

将来を担う子供たちを、医療を通して支えていく

城田 和彦 副院長

小学校の卒業文集には、将来の夢は動物園の飼育係って書いてありました。子供の頃からずっと医師になりたいと思っていたのではありませんが、いつしか子供に接する医療に携わりたいと思うようになっていました。
父も祖父も小児科医でしたので、もちろん少なからず影響は受けていると思いますが、私が小児科医になろうと思ったのは、小児に対する医療は成人に対する医療と違い、決してあきらめることがないということと、これからの将来を担う子供たち・日本を背負って立つ子供たちを、医療を通して支えて行きたいと考えたからです。

大学医学部を卒業後、付属病院の小児科に入局しました。研修医として色々な病院で臨床経験を積み、1997年から2年間カナダに留学して、小児の呼吸器に関する研究をしていました。帰国後は、大学病院でしばらく勤務し研鑽を積んだ後に退職し、当院の副院長に就任しました。

患者さん中心の医療、心の通った医療を

城田 和彦 副院長

まず、お子さんが御自身で具合の悪いことについてお話していただけるように、緊張しないでリラックスできる雰囲気を作ることを一番に心がけています。
「患者さん中心の医療」「心の通った医療」が当院の基本理念です。
どんな治療も患者さんであるお子さん・親御さんにご理解・ご納得いただき、ご協力をいただくことなしには十分な効果を期待することができません。そのために、お子さん・親御さんに治療内容やそれに伴うリスクをご説明することはもちろん、治療の選択肢をできるだけ提示して、そのご意思を最大限尊重し、治療方針を決定しています。

充実の院内設備、何でも相談しやすい育児相談室も設ける

城田 和彦 副院長

CRP・血算を測定できる血液検査装置があります。短時間で検査結果を得られますので感染症などの重症度を迅速に評価することが可能です。呼吸機能検査や、酸素飽和度の計測も行うことができます。
その他には、週に一度、栄養士・保健師が来院し、育児相談や保健指導も行っています。育児に関することだけでなく、病気の治療で医師には言いにくいこともご相談いただける場でとしてご利用いただければと思っています。
なるべく話しやすい雰囲気、リラックスできる環境を整えているつもりですが、医師である私には言いにくいこともあると思います。アトピーの治療にステロイドを使用することに疑問を感じていること等、これまでにも私には直接言えなかった心配事を、保健師に相談されたと言うケースもありました。治療に関しての疑問も私に言いにくい場合は遠慮なくお気軽に保健師に相談して下さい。
育児相談室のご利用は、お電話にてご予約を承っていますが、通常の診察に関しては、インターネットを通してオンラインで順番を予約することができるシステムも導入しています。待合室のモニターに待ち状況が表示され、どれだけ待てばよいのかわからない、といったイライラが解消されます。また、待ち時間や人数をパソコンや携帯電話から確認することもできますので、院外でもお待ちいただけるようになっています。

子供たちが元気に成長している姿を見るのが、何よりのやりがい

お子さんは、成長とともに病気に対する免疫力がつき、体力もついてきますので、病気にかかることが減ってきます。それとともに来院することも減ってくるものですが、予防接種等で来院し、しばらく時間が経過して、成長した元気な姿を見せてくれます。来院された元気なお子さんの成長を見られることが楽しみでもあり、やりがいにもなっています。
もちろん病気が良くなって元気になった姿を見れることも嬉しいことなのですが、それよりもお子さんが元気に成長している姿を見ることができると、小児科医になってよかったなと思います。

これから受診される患者さんへ

東西線 門前仲町下車 徒歩3分、小児科の城田小児科医院では、地域のお子さん達が心もからだも健全に成長されていくことが大切だと考えています。そのためには重い病気を見逃さないことだけでなく、予防接種をうけることで防ぐことのできる病気を予防することが大切だと考えています。
子供達によってリスクは様々なので、一括りにはできませんが、一般的なアレルギーが原因で予防接種を受けられないというケースはほとんどありません。予防接種は定期接種の他にも、Hib、肺炎球菌、子宮頸がん等の任意接種も行っています。
当院では、お子さんの病気や健康の問題はもちろんのこと、子育て中のご両親の支援も積極的に行っています。子育てに関する質問やご相談にいつでも対応しておりますので、どうぞお気軽にお声掛けください。

※上記記事は2011.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

城田 和彦 副院長 MEMO

小児科専門医 / 大腸肛門病専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:フットサル、スキー
  • 好きな本・愛読書:オールジャンル
  • 好きな映画:シックス・センス
  • 好きな言葉・座右の銘:一歩一歩
  • 好きな音楽・アーティスト:スティービー・ワンダー
  • 好きな場所・観光地:蔵王

グラフで見る『城田 和彦 副院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート